オナ見せで興奮度MAX!女性にオナニーを見せる方法と相手の探し方

オナ見せで興奮度MAX!女性にオナニーを見せる方法と相手の探し方

オナニーって基本的にはひとりでするものですが、それをだれかに見られながらするって考えたことはありますか。
だれかに見られながらするオナニーは一人でするオナニーとまったく違うものです。

自分の見られたくない姿を女性に見てもらうというのが最高に屈辱的なのですが、最高に興奮します。
これって不思議ですよね。

今回はオナニーを女性に見せるプレイ(オナ見せ)について話したいと思います。
初心者向けにオナ見せの始め方や相手の探し方、上級者にはより快楽を増幅するためのポイントなどを紹介します。

オナニーを見せるプレイ(オナ見せ)とは

オナニーで気持ち良くなっている自分の恥ずかしい姿を女性に見られながら射精するって考えただけでドキドキしませんか。

人によってオナニーのやり方はさまざまだと思います。
チンコをシゴキながら乳首をいじったり、チンコをいじりながらアナルを刺激してみたり、人によって性感帯は違うので感じる場所も違ってきます。

女性:「あなたはどうやってオナニーするの?見せてよ。」
あなた:「・・・・・・。」

女性に自分のオナニーのやり方を言うのは恥ずかしいですよね。
言うだけではなく、その姿を見せてと言われたら、もっと恥ずかしくなってゾワゾワ興奮してきませんか。

オナ見せとSMの性癖

私はよく自分が「SなのかMなのか」考えますが、あなたはどうでしょうか?
完璧に「S」の人なんてなかなかいません。

自分は「S」でありたいという願望から「S」だと思い込んでいることもあります。
そんな人が実は「ドM」だったなんてこともよくある話です。

普段のセックスで女性をオラオラ責めている男性でも、立場が変われば「ドM」になってしまう可能性が十分にあるのです。

「M」の素質がある人ならオナニーを女性に見てもらうプレイを試してみると、それが快感になっていくことがわかると思います。
女性に自分のオナニーを見てもらうことで、自分の羞恥心を刺激し、普段は理性で抑え込まれている本性をさらけ出すことができます。
恥ずかしいことに少しでも興味があるのであれば、一度試してみる価値は絶対にあります。

言葉責めの快楽

私はセフレや風俗、ライブチャットの女性に自分のオナニーを見てもらいます。
自分の感じている姿を人に見られているというシチュエーションが最高に興奮して病みつきになっています。
最近では、イク瞬間を女性に見てほしいと自らお願いするようになってしまいました。

私の相手はセフレや風俗嬢、チャットレディなので、私の性癖に付き合って言葉攻めをしてくれます。
「どこが気持ちいのか言いなさい」「勝手にイクんじゃないよ」と、ただでさえ恥ずかしい姿を見られてM心を刺激されているのに、言葉でも攻めてくるのでたまりません。

さらに女性の指示によって触る場所やポーズもどんどん恥ずかしいものへ変わっていくので、最後のほうは女性の言いなりになってチンコをシゴいています。
普段からは想像もできない恥ずかしい姿になっている自分に興奮しています。

オナ見せプレイをする相手の探し方

初心者がオナ見せするには、まずは相手を探すことが最大の関門になります。
オナニーを見せる相手の探し方について、ここで具体的に詳しく解説します。

残念ながら女性は性行為に対してロマンチックなイメージを抱きがちです。
一部には快楽や変態チックなプレイを求める女性もいますが、大多数は心でつながるロマンチックな性行為を望みます。

付き合っている彼女やパートナーに自分のオナニーを見てほしいと言ったら、引かない女性のほうが珍しいです。
そのため、自分の身近にいる女性に頼むには、ハードルがかなり高いと思ってください。

風俗やライブチャットを利用する

お金はかかりますが、性風俗店やライブチャットで女性に見てもらいながらオナニーするのが一番手っ取り早くオナ見せを実現できます。

性風俗店であれば、オナ見せプレイはオプションを払わずとも基本料金で利用できることが多いです。
(逆に女性にオナニーを見せてもらうには、オプション料が必要になる場合が多いです。)

また、ライブチャットサイトではオナ見せに応えてくれる女性を手軽に探せるので、相手探しに時間をかけずにオナ見せを始めることができます。
顔写真でタイプの女性を選ぶのもいいですが、ドSな女性を選ぶのもおすすめです。
私はドSかつすごくタイプな女性を見つけたので、その子に調教してもうことにハマっています。

参考サイト

SNSや出会い系で探す

一度試してみて、見られることにゾクゾク感じるということがわかれば、SNSや出会い系サイトで変わった性癖をもつ相手を探してみるのもよいと思います。

こういったコアな趣味をもつ人は少なからずいます。
探してみると案外簡単に見つかりますが、詐欺や悪徳業者、個人やYouTuberの悪ふざけなども多く、最悪の場合はお金を請求されることがあるので細心の注意を払ってください。

ちゃんとした女性が見つかった場合でも、こういったコアな趣味の場合、基本的に相手の条件も厳しいです。
つまり、見てくれる女性側にも強い希望条件があります。

「中年おじさんの恥ずかしいオナニーが見たい」「オナニー姿は見たいけど射精をしてはいけない」「チンコじゃなくてアナニーを見たい」など、条件がかなり細かくマニアックな注文をつけてくるのです。
この条件に一つでも当てはまらないと関係が成立しません。

「そのくらいはいいじゃないか」と私は思いますが、女性からすれば「そのくらい」ではなく、とても重要な条件なのだそうです。
オナニーを見る趣味がある女性を見つけたとしても、すぐに相手とマッチングできるかといわれるとそうではありません。

オナ見せの相手を探すのには時間がかかるということを念頭に置いて探さなければなりません。
ここで挫折してしまっては「見られる快感」を得ないまま終わってしまうことになるので、辛抱強くマッチングするまで待ちましょう。

参考サイト

  • Tinder(←詐欺写メは多いが、痴女も多い。)

道具やグッズで代用する

どうしてもすぐに相手が見つからない場合は、ただチンコをシゴくよりかはダッチワイフを使いましょう。
女性に見られていると錯覚しながら、アナルにバイブを入れるなど見られたくない姿をあえて見せている状態を妄想することで、羞恥心が刺激されて感度が上がります。

また、同時に目隠しをすることもおすすめです。
見えないけど、そこに誰かいるかもしれないという感覚が最高にゾクゾクします。

ワンランク上の快楽を得るためのコツ

見られるオナニーではシチュエーションが非常に大切です。
私がセフレや風俗でオナニーを見てもらうときはスーツで行って、上半身はワイシャツ、下半身は靴下のみ履いた状態でオナニーを見てもらいます。

私は普段仕事でスーツを着ているので、仕事場のことを妄想しながらやると、背徳感も重なり気分がアガる材料になります。
さらに、仕事帰りにシャワーも浴びずにオナニーを見てもらうことで、自分の汗の臭いや股間の汗ばんだ感じなどが羞恥心を煽って、これも気分を上げる要因になります。

相手がライブチャットで見つけた女性の場合は、女性ものの下着を履いてオナニーしたり、ピチピチの競泳パンツを履いてオナニーしたり、着るものなどを工夫して羞恥心を煽ります。
ただ見てもらうだけではなく、自分で興奮するシチュエーションを決めて行うことが大切です。

ライブチャットは自宅で利用できるので、学生服やレザーのハーネスを付けてオナニーを見てもらうこともあります。
普段ではありえないシチュエーションでいやらしいプレイを見てもらうのはとても興奮します。

さらに相手の女性に対しても「ここまで準備をしてやるのか」と本気度をアピールすることにもなります。
「今度学生服でオナニーするから見てほしい」と変態なお願いをしたところ、「最高だね。こっちも教師スーツで準備しとく。」と変に納得されてしまいました。
こちら側の本気度が女性に伝われば相手もノってくれて、さらに良い雰囲気を作ることができます。

まとめ:見られることで得られる快楽

ワンランク上の快楽を得る方法は何か道具を使わなければいけないということではなく、シチュエーションにこだわってみることが大切です。
私も相性の良い女性にオナニーを見てもらっているときは、我を忘れてそのシチュエーションに没頭します。

オナ見せは抜くことが目的というよりも精神的に満足することのほうに意味があると思います。
抜くだけであれば一人でしても問題ないはずです。

しかしあえて女性に見てもらうということを考えると、やはり抜く+αのことが得られないといけないと私は思います。

人によって感じ方はさまざまですが、私はオナニーを女性に見てもらうことが大好きです。
オナ見せに付き合ってくれる女性はとても貴重な存在なので、そのぶん終わったあとに十二分に感謝を伝えましょう。

この記事を読んで女性にオナニーを見られることに少し興味が出てきたのであれば幸いです。
「見られる」ことでしか得られない快楽もあるのでちょっとでも興味のある方はチャレンジしてみてください。